Skip to content

企業が生き残るためには物流の改善が必須

インターネット上で情報のみを販売している会社でなければ、大概の会社が物流に頼って売り上げをあげているかと思います。そのため販売活動の見直しや販売地域の拡大を検討している時には、物流システムを改善する必要があるといえます。また最近では海外を取引相手としたビジネスも主流と言えますので、物流システムのグローバル化も該当企業では進めていかなければいけません。

しかし口では簡単に言えても、それらに対応した保管環境を確保する必要があります。また倉庫などを確保したとしても、それを管理する人間も会社で用意しないといけませんよね。取り扱い製品などによっては、資格を保有していないと管理業務を任せられない場合もあるでしょう。

また保管場所を確保した後には、その製品を配送する必要もあったりと、何かと物流システムの改善には考えることが多いように思えます。そのため現状を維持したまま、「こうしたいな」と思ったまま先に進めていない企業も多いはずです。もしも物流の改善に興味があれば以下の業者を参考にしてみてください。

■日本ロジステック
こちらでは物流システムの改善を検討している企業に向けて、保管や配送、通関などのサービスを提供しています。公式HP上では実際に活用されたサービスの事例や拠点が掲載されています。相談も随時受け付けているそうですので、気になった場合にはチェックしてみては?

>>日本ロジステック

企業の企画や開発・マーケティングをサポートするGRANDIT

企業にとって課題を早く解決して顧客のニーズに答えることが、厳しい競争社会で優位性を保つ手段ではないでしょうか。製品の企画や開発、マーケティングなどの分野で確実に成果をあげているのが、インフォコムグループの基幹システムWeb-ERPパッケージ「GRANDIT」です。

詳しい情報はこちらの
ERP事例が参考になります。インフォコムグループはWeb技術と基幹業務の実績があるので、企業の経営問題を解決するWeb-ERP「GRANDIT」の導入と運用がスムーズです。

迅速な問題解決が可能になるので、あらゆる業種の企業でその優位性が評判になっています。インフォコムグループのパートナーシップやWeb-ERP「GRANDIT」の導入事例は、こちらのサイトにある業種別ソリューションを確認しましょう。

現在、GRANDITを実際に導入している企業の実例集や評価があるのでお役に立ちます。GRANDITは570社が完全Web-ERPとして導入済みですが、こちらのサイトではその一部の事例を公開しています。

その他の導入事例を参照したい時は問い合わせができます。初めての企業はデモサイトを使った体験セミナーがあるので気軽に参加してみませんか。

おいしいスパイスは『ケー・アイ・エス』のスパイス

スパイスはお好きですか?

なんのかんの言っても、今ではスパイスは日本にすっかり浸透しましたね。
スーパーでもたくさんのスパイスが並んでいます。
その他にも、カレー用に辛みをくわえるスパイスや、ハンバーグ用のスパイスなど、たくさんのスパイスが売られています。

スパイス一降りで、料理がおいしくなり、味が変わってきます。

そんなスパイスやミックススパイス、シーズニングを扱っているのが、業務用のスパイス製造メーカー『ケー・アイ・エス』です。

『ケー・アイ・エス』のスパイスは、業界トップレベルの微生物コントロール技術を持ち、高い品質レベルを保っています。
ミックススパイスやシーズニングもたくさんあり、要望に応じたスパイスを作ってくれます。

利用メーカーは、ハムやソーセージの製造会社、カレーや唐揚げなどの外食チェーン店など様々です。
でも、『ケー・アイ・エス』ではトン単位の大量ロットだけでなくグラム単位のロットでも扱ってくれます。

常に大量に使うとは限らないスパイスだから、その心配りは嬉しいですね。

『ケー・アイ・エス』のシーズニングは、カレー、唐揚げ、チャーハン、フライドポテト、スナック菓子、デザートなど、たくさんの要望に応じられます。
御希望のシーズニングを作ってもらえます。
和風シーズニングもできますので、直接お問い合わせするとよいと思います。

くわしいことは、こちら → ☆★☆ シーズニング ☆★☆ からどうぞ!